CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
| main | パーパス・マネジメント 丹羽真里【☆】 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    外資系コンサルの知的生産術 山口 周【☆☆】
    0

      『思考の技術』を教える巷の本では知的生産性は高まらない

      「情報をどう集めるか」など『行動の技術』を習得することが重要でそれをまとめた本

      さすがコンサル、象徴的事例が豊富で読みやすい、小ネタ集めができる

      「外資系コンサル」と銘打つだけあって、引用の使い方がうまい

      文章の構成自体が一番参考になったかも

       

      異なる見解がぶつかり合うことで初めて知性は進化する、と説いたのは十九世紀ドイツの哲学者ヘーゲルでした

      たとえ情報が不足しているように感じられたとしても、現時点でのベストエフォートとして明確なポジションを取ってほしい

      常にポジションをとることを述べた部分から引用

      評論家的な姿勢では、自分を高めることは難しい

      情報が不足している時にもポジションをとるべきというのは、本当にその通りだと思う

      基本、全てがわかることはないし、その時点でポジションを取ってもすでに価値はない

       

      「手が動いていない」というのは、考えているのではなく「悩んでいる」可能性が高い

      思考の総量は「考える時間」の量よりも「考える回数」の量によって決まる

      「考えると悩むを混同しない」の章から

      特に、考える時間よりも考える回数が重要と言うのは新鮮

      考え方がコンサルっぽい

      まずは手を動かせ、情報を集めろ

      そうすれば、自ずと結論が見えてくる

      刑事ドラマによくある「足で考えろ」ってやつですね

       

      ソマティック・マーカー仮説によれば、情報に接触することで呼び起こされる感情や身体的反応(汗が出る、心臓がドキドキする、口が渇く等)が、前頭葉の腹内側部に影響を与えることで、目の前の情報についての「よい」あるいは「悪い」の判断を助け、意思決定の効率を高めます

      感情により判断が促されると言うことでしょうか

      この部分は、なんとなくわかるんだけど、感情は判断を鈍らせることもあるような

      「感情」と言うよりは、その場の「感覚」を研ぎ澄ませと言うことかな

       

      【まとめ】

      箇条書きでまとめると、よくある自己啓発本になってしまう

      この本の良いところは、引用文が豊富で「なるほど」と思わせる部分

       

      例えば・・・

      ・チェスの名人とアマチュアの読んでいる手数に違いはない

      ・ボルネオでマラリアを撲滅したらペストが流行った

      ・チューブ型ケチャップに押された時にビン型ハインツが取った行動 など

       

      引用文だけまとめて、今後の引き出しとしてしまっておくのが良いかも

      そのような価値がある本だと思いました

       

      それにしても、どうしても運用目線で読んでしまう

      「常にポジションを取れ」「手を動かせ」「感覚を研ぎ澄ませ」

      「知的生産物」も「運用」も、いや世の中全てのことが同じことなのかな

       

      | ビジネス | 14:06 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:06 | - | - |
        コメント
        コメントする